お問い合わせ

動画で集客!飲食店が動画制作をするメリットや費用相場を解説

スマートフォンの普及率上昇やYouTubeやTikTokをはじめとした動画プラットフォームの台頭に伴い、動画が私達の生活において極めて身近な存在となりました。

日常を記録したり、自身の好きなコト・モノについて発信したりと動画はしばしば娯楽の一環と考えられがちですが、近年では動画をビジネスに活用する動きが活発化しており、飲食店も例外ではありません。

自社の新メニューについて紹介したり、店内の内装について詳しく説明したり、従業員が店ので働き甲斐について語ったりと、集客・求人活動において動画は大きな役割を担っています。

本記事をご覧くださっている飲食店経営者様の中にも、動画の導入に興味がある一方、

「動画を使うことの具体的なメリットがイメージできない」

「お金がかかりそう」

「誰に動画制作を頼めばいいのだろう」

といったお悩みを抱えていることと思います。

本記事では、そのような方々に向けて、動画を活用するメリットや制作費用、動画制作において失敗しないポイント等を解説していきます。

ぜひ、本記事を参考に、動画制作の検討をしてみてください。

飲食店が動画制作をするメリット

飲食店が動画を制作することで、集客・求人の面でメリットがあります。

順番に解説していきます。

メニューや店内の雰囲気について視覚的にアピールできる

人間は言語や聴覚以上に、視覚から情報を得ると言われています。

写真でもメニューや内装の紹介自体はできますが、動きのある動画としてそれらを撮影・発信することで視聴者はそのお店に「疑似来店」できるのです。

実際に店を足を運ぶことなく、その店の中に入り、料理を楽しむ体験を動画を通じてしてもらうことで、「実際に足を運んでみたい」という気持ちを想起させます。

また、事前にメニューや店の雰囲気を動画を通じて感じてもらうことで、実際の来店後に「思っていたのとは違った」というミスマッチを防ぎ、結果的に顧客満足度が上がります。

スタッフの人柄を伝えられる

接客態度の良さ、つまりホスピタリティの部分も飲食店が選ばれるための重要な要素の一つですが、写真や文章でそれを伝えることは困難です。

しかし、動画であればスタッフの接客風景や一人ひとりの表情まで発信でき、それを見た人から、

「ここなら丁寧な接客を受けられそうだから会食でも安心して使えそうだ」

「スタッフの笑顔が素敵だから良いお店なのだろう」

と思ってもらえる確率が上がります。

求人のミスマッチを防げる

就職先を選ぶ上で、「職場の雰囲気」や「社風が自分に合いそうか」は重要な要素です。

こちらも、写真や文章で

「アットホームな職場です!」

「スタッフ一人ひとりの距離が近く、何でも相談し合える環境です!」

と伝えることはできますが、求職者にとっては、その真意までは分からないというのが正直なところです。

一方、動画であれば視聴者は出演するスタッフ間の”素”の空気感を感じ取ることができます。

スタッフがそのお店での働きがいを語ったり、スタッフ同士がコミュニケーションをとる様子、働く普段の様子を動画で表現することにより、お店の空気感が自分に合いそうかを見極められる重要な判断材料になります。

動画制作をした飲食店による動画の活用事例

制作した動画が飲食店によってどう活用されているかを紹介します。

ホームページに掲載する

そのお店にとっての顔となるホームページへの掲載が最も一般的な動画の活用方法です。

ホームページを訪れたユーザーに動画を見てもらうことで、「このお店にしよう」の最後の決定打になることが期待できます。

もしくは採用ページに従業員のインタビュー動画や普段の働く様子の動画等を掲載することで、動画が求職者の目に止まり、社風や雰囲気を判断する材料として活用されます。

SNSに投稿する

TwitterやInstagram、Facebook等のSNSを既に活用していて、一定のフォロワーがいる場合にはホームページに貼るよりもSNSのコンテンツとして動画を掲載したほうがより多くの人に見てもらえる確率が上がります。

その動画に対するいいねやコメント等、見た人からの反応がダイレクトに来る点がSNSの利点です。

YouTubeチャンネルやTikTokアカウントを開設する

お店のPR動画だけでなく、新メニューやスタッフによる企画等、動画プラットフォーム上に定期的に動画をアップし発信することで、固定ファンが付き、リピーター獲得に繋がります。

明確なターゲット選定や動画の企画考案、実際の撮影等、工数がかかるだけでなく即効性も期待できませんが、お店の知名度を飛躍的に上げる手段として動画発信を始める飲食店も増えています。

飲食店における動画制作の費用相場

個人と法人のどちらに任せるかで費用相場は大きく変動しますが、本項では一般的な動画制作を依頼した場合の費用相場を紹介します。

※動画制作の相場については以下の記事で詳しく解説しています

動画制作の費用を徹底解説!費用削減のコツも

動画種類動画の内容費用相場
会社紹介・商品紹介(実写メイン)会社・店舗の代表や従業員が動画に出演し、自社や自店舗の魅力を伝えたり、商品やサービスについて説明したりするもの。
集客と求人応募者獲得が目的。
20-150万円
YouTube動画(実写メイン)主に会社紹介や商品・サービス説明がメイン。ホームページに掲載される動画と比較するとよりカジュアルで親しみやすいテイストで作られることが多い。3-50万円

前述のホームページに掲載するPRを目的とした5-10分程度の動画は最低20万円から、制作会社に依頼しCGやアニメーション等の凝った演出を要する場合は最大150万円程かかります。

一方、YouTubeやTikTok等に上げる、ややカジュアルな動画については企画・編集までを入れても最低3万円からで依頼可能です。

企画・撮影は自ら行い、撮影した素材に簡単なテロップや効果音を入れるだけの編集であれば数千円から依頼が可能な場合もあります。

飲食店が失敗しない動画制作をするためのポイント

動画は制作して終わりではなく、上手く活用して集客や採用、ブランディングにつなげることがゴールです。

動画自体は道具でしかりません。

そこで、動画制作において最低限押さえておくべき、失敗しないポイントを解説します。

伝えたいことを明確にしておく

その動画を通じて何を実現したいのかを、制作前の段階で具体的にイメージしておきましょう。

視聴者に、店内の雰囲気を感じてほしいのか、接客の良さを知ってほしいのか、働きがいを伝えたいのか等、どのゴールを設定するかによって動画の構成や演出、編集の仕方等が大きく変わります。

ただ、

「なんとなくかっこいい動画が手に入ったけど、特に効果はなかった」

で終わらないためにも、動画制作を外注する際は、制作側に対し「動画に何を期待するか」を必ず伝えるようにしましょう。

予算の上限を伝えておく

動画の制作費用はピンきりです。

上述したように簡単なテロップ入れや効果音の追加であれば数千円で済みますが、どこまでもクオリティを追求すれば数百万円かかるのは当たり前の世界です。

集客による売上増を期待して動画を制作したはいいものの、コストが莫大で逆にお店の財政を逼迫させてしまった、では本末転倒です。

”コスパが高い”動画制作を行うためにも、予め予算の上限は設定しておき、制作側に依頼する前の段階で伝えておくようにしましょう。

本当に動画制作の準備ができているか確認する

動画には当然ある程度の演出が入りますが、同時に良くも悪くもお店や出演者の”素”を映し出します。

動画を通じてお店やそこで働く人の良い部分を感じ取ってもらい、集客や採用に繋げることが本来の目的ですが、逆に悪い部分が見えてしまうリスクもあるのです。

メニューの盛り付け方が悪かったり、スタッフの離職率が高かったり等、そのお店が何らかの問題を抱えている場合は、動画が良い部分をアピールできないばかりか悪い面を映し出してしまう可能性があります。

今動画を活用したPRに踏み切る段階なのか、先に解決すべき問題はないか等を見極めるようにしましょう。

飲食店におすすめの動画制作会社

飲食店の動画制作におすすめの会社を紹介します。

meeats(ミーツ)

2,000店舗以上の飲食店の動画を制作してきた実績豊富なサービスです。

通常の現金一括払いだけでなく、頭金0円の分割払いにも対応しているため、新型コロナウイルスの影響等で、一度に大きな出費は避けたい飲食店への配慮ができていると言えます。

集客だけでなく、飲食店の採用にも活用できる動画も制作可能です。

飲食店動画制作サービス Delicious Movie

動画の制作だけでなく、その動画の活用方法のコンサルティングまで受けられるのがポイントです。

また最大の特徴は料金体系と動画制作本数で、初期費用30,000円+月額60,000円で、一ヶ月に1本、計12本の動画を制作してくれます。

一本の動画では発信できる内容に限りがありますが、12本の動画を通じてお店のあらゆる訴求ポイントを網羅できる点は大きな強みと言えるでしょう。

店舗紹介動画部

当社が運営している動画制作サービスです。

「お店と人の魅力を動画で伝える」をコンセプトに、低価格で見る人の心に残る動画を制作いたします。

記事制作業務で培った文章作成能力を活かし、シンプルかつ分かりやすい、聞く人に刺さる台本を作れる点が強みです。

飲食店も動画制作をしてPRに役立てよう

飲食店の動画制作において大事なことをおさらいすると、

  1. 予算の上限を決めておく
  2. 動画の目的を決めておく
  3. 動画制作がいつでもできる(依頼できる)準備をしておく

です。

また、動画という”ツール”を手に入れた後、それをどう使っていくかも予めイメージしておくようにしてください。

店舗紹介動画部では、動画制作に関するお悩み相談も受け付けております。

まずは些細なお悩みのご相談やご質問だけでも構いませんので、動画制作のことでお悩みでしたら、お気軽にお問い合わせください

この記事を書いた人

店舗紹介動画部
店舗紹介動画部
店舗紹介動画部では、店舗・事務所様の経営者様の想いや店内の様子、従業員様へのインタビューなどの動画制作を行っております。文字だけでは伝わりづらい情報でも、動画であれば事細かに伝えられます。集客にお困りの方、ホームページを華やかにしたいとお悩みの方は、ぜひ左上の「店舗紹介動画部」のロゴをクリックしていただき、サービスの説明をご覧ください。